こいつ、動くぞ!


メリエルを動かしました。
自分の絵でもしばらく見つめることができるのでなんかもう楽しいです。
泣かせたりしたい。いや、泣かせたい!
胸のあるキャラもなんかやりたい!

■夏季休暇
試験が終わりました。やりました。
他の問題はなにも解決してません。
ぐぬぬ。
先については結果を見てから考えます。

追記には自分用のえもふりメモがあります。
詰まってる方の役に立ったらそれはそれで嬉しい。



WEB拍手ありがとうございました!
■えもふり覚書

スペック:Win7Pro(64Bit) DirectX11
GIF出力とか動画設定とかよくわかんねえって人にはあんまり役に立たないかも。
(私もよくわからない)

①用意したもの

*PSD保存できるお絵かきソフト、えもふり、やる気
えもふりは キャラクターアニメショーンツールE-mote ←こちらからDLできます。
ソフトはSAI、そして試験前に突然掃除したくなるような気持ちをやる気へ。

②絵を描く
最終的にパートごとに分けるので線画もパーツごとに用意します。
今回は正面テンプレートを使用したので線画はほとんどコピペしました。
目を閉じているときや眉毛の線は太いほうが動きが分かりやすいです。
ちょっと意識するといいかも?
普段の色塗りのまま動かしたいなあと思ったので
アニメ塗りはしませんでした多分アニメ塗りだとレイヤー分けが楽だと思います。

パーツごとの線画を用意→色塗り→パーツごとに色分け、統合
って感じで作業しました。
色は多少かぶせて残しておいた方が動かす時に楽です。

reiya.png
最終的なレイヤーはこんな感じ。
テンプレートと名前があってなくてもまあなんとかなります。
中心系もそれっぽい所にやっておけば優秀なソフトがなんとかしてくれます。

レイヤーの階層通りに表示されるので、レイヤー分けにはあまりこだわらない方がいいかも。
上位階層が最前面、下位が最後面です。
(メリエルの場合はハイネックだったので輪郭より胴体が上になってます。)

保護とかは表示%とかも気にする必要はありませんが
入門書のとおりトリミング枠は100%表示にしておきましょう。

③テンプレにインポートする
ファイル→プロジェクトを開く→入門テンプレートを選択

ファイル→PSDをインポートする→PSDファイルを選択

inport.png
多分パーツごとにこんな奴が左上にいるとおもいます。
要らないものはパーツ削除で。(今回は鼻と胸をなくしてます)

*枠PSDレイヤ:動き方が同期するので、髪系なら頭部 目なら目LR といった具合に選択。
*アイコンPSDレイヤ:実際に動かす画像を選択。
「インポートした画像がとぎれちゃうよー!」って時はここで選択すると
自分の用意した枠を認識してもらえます。
テンプレと名前を変えた際もここで選択。

インポートは一回で決めないとクラッシュしやすいです。
クラッシュの際、中断データの様なものが作成されますがあんまり役に立たなかったかな…。

※パーツを追加するとき
新規追加パーツを選択するだけ。

*パーツタイプ:揺れ方を決めます。とりあえずそれっぽく決定すればいいです。
*PSDレイヤ:動かす画像を選択します。

インポートに成功したら別名で保存しましょう!

④動かす
ポーズ詳細編集 で動きを決めます。

*パラメータ編集:動きのテスト的な
ここで作った表情などをカタログへ追加すると、
タイムライン編集の際に同じ表情をさせることができます。

*物理挙動編集:揺れ方を調整するところ
パラメータは共通。コピペできます。
パラメーター設定で揺れ方を変えて、テストしていきましょう。

*タイムライン編集:実際に動かすところ
Sampleが沢山あるので好きに眺めましょう。
短いものですが自分で動かしてみたのでちょっとだけ書きます。

※新規タイムライン追加
*カタログから読込:基本のポーズを決めることができます。
*パラメータ(コピー/ペースト):そのフレームでのポーズを変えることができます。

*赤いゲージ:始点と終点を決めることでループ動画にできます。最終フレームだとループしません。
*青いゲージ:長さがそのまま時間になります。新規フレームを挿入するで新しい動作追加。
ゲージの部分は右クリックでメニューが出ます。

これだけ分かればとりあえず動かすことができます。

⑤動画にする

動画を出力する、から動画にすることができます。

*フォーマット:時間が結構かかります。
連番PNG→ピクシブに投稿しやすい。
WMV→劣化無しで動画にしてくれます。観賞用にオススメ。
GIF→少し劣化して動画にしてくれます。WEBサイト等にも貼り付けられます。

*幅/高さ:画像のサイズに合わせて帰ると良いです。
*オフセット(X/Y):X左右 Y上下
*スケール:1で原寸 0.5で半分のサイズで出力してくれます。
*差分:タイムラインで差分用途にチェックを入れたものと出力時に合成してくれます。

プレビューの下に出力フレーム数(PNGの枚数)と動画の秒数がでてます。
あとはちょっとよくわかんないです。
何回も出力すればいい感じのができます。
とりあえずやってみよう。

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

Author:和凪

ほぼほぼPF用

*menu
アバウトもどき
Tumblr:写真のせるだけのとこ(別窓)
インスタグラム:FF14のSSのせるだけのとこ(別窓)


[>矢印に反応します(WEB拍手、元気が出ます)